本文へスキップします。

株式会社 白寿生科学研究所

 

サイト内検索 検索
企業情報のイメージ画像
企業情報のイメージ画像

ニュース

RSS配信  

更年期の女性を対象とした臨床研究論文が学会誌に掲載されました。

メディア

2013年08月01日


 2011年10月から2012年12月まで、東京都港区の横倉クリニック(横倉恒雄院長)にて、更年期の女性を対象としたヘルストロンの臨床研究を実施しました。

その結果、プラセンタ(胎盤)エキスの注射に加えて、ヘルストロンによる通電を実施したところ、更年期の女性が抱える不快な症状(肩こり、不眠等)の緩和が、より促進される可能性が示されました。

この研究結果は、更年期と加齢のヘルスケア学会の学会誌「更年期と加齢のヘルスケア」 6月号に掲載されています。



臨床研究論文が学会誌に掲載